・人の名前が出てこない!

・今日は何日?何曜日? 

・漢字がすっと書けなくなって来た!


認知症を予防するには、脳を活性化することが大切だと言われています。ゲームや読書、タイピング練習などで脳トレをしていきます。75歳から始まる「認知機能検査」のための対策にもなります。

脳トレくらぶ

脳トレくらぶ短時間でできるゲーム感覚のものから、記憶力を高めるコンテンツなど楽しみながら脳を活性化するプログラムをたくさん用意しています。

「イメージ記憶」は画像の瞬間記憶で認識力や記憶力をトレーニング。「動体視力」「順番記憶」「四択」「まちがい探し」「並べかえ」「消えたのは?」などの進級式のゲームがあります。

       ≫脳トレくらぶの詳しくはこちら

脳トレ読書

読書朗読音声を聴きながら目で活字を追って懐かしい名作を読む講座です。朗読速度を上げて読むことで脳の活性化が図れます。 ≫脳トレ読書の詳しくはこちら

 

脳トレタイピング

脳トレタイピングパソコンを操作するうえで欠かせないタイピング入力。入力方法の基礎(指の動かし方)から、ゆっくりマイペースで学ぶことができます。   
≫脳トレタイピングの詳しくはこちら

 

WakuWakuBookWorld

WWBW世界の物語や日本の昔話を英語の音声を聴きながら読む講座です。シンプルな英文なので、英語を聞く力を維持したい方にもお勧めです。 ≫詳しくはこちら

 

脳トレ算数

算数「つるかめ算」や「旅人算」など、昔の教科書に掲載されていた懐かしの問題を解きます。単純な計算問題ではなく、解法を考えなら取り組む「計算脳トレ」です。 ≫詳しくはこちら

 

 

脳トレプログラミング

プログラミング「Scratch(スクラッチ)」というプログラミング教材を使います。ジグソーパズルを組み合わせるように命令ブロックを組み合わせてゲームを作り上げていきます。 これによって発想力などが鍛えられます。